世界一軽いホーロー鍋!ユニロイ(UNILLOY)キャセロールふるさと納税

ユニロイキャセロールふるさと納税

 

ホーロー鍋は熱伝導率が高いことと、保温性が高いことから料理がふっくらと美味しくできることで人気です。

 

ただ、今まで人気だった海外ブランド「ル・クルーゼ」「ストウブ」といったホーロー鍋の欠点は何と言っても重いこと!

 

標準サイズの重さは4kg近くもあり、毎日の出し入れが大変で結局は使わなくなってしまいます。

 

そこで、今密かに人気なのが新潟県燕三条市の高い金属加工技術で生み出された(重さが従来の約半分!)国内産ホーロー鍋ユニロイ(UNILLOY)です。

 

 

ふるさと納税でもらえるユニロイ(UNILLOY)ホーロー鍋の種類は?

ユニロイ種類ふるさと納税

ふるさと納税でもらえる鍋の形としては、浅型と深型の2種類あります。

 

また、それぞれにサイズと色が選べるので簡単に一覧表で説明していきます♪

 

ユニロイふるさと納税浅型

鍋のサイズ 選べる色
22センチ くちなし、さくら、藍色、くろがね、卯の花
24センチ くちなし、さくら、藍色、くろがね、卯の花

 

ユニロイふるさと納税深型

鍋のサイズ 選べる色
20センチ 藍色、くろがね
22センチ くちなし、さくら、藍色、くろがね、卯の花

ユニロイ(UNILLOY)ホーロー鍋は何色を選べば良い?

 

ホーロー鍋は空焚きなどをせずに大切に使えば最低15年以上もちますが、明るい色の場合には長年使うと色のくすみが目立つようになってきます。

 

おすすめの色は、くろがねです。

 

何故かというと、色ぐすみが目立たないだけでなく、くろがねだけ内面にだけ凸凹加工がしてあり、焦げ付きにくくなっているからです!

 

 

ユニロイ(UNILLOY)ホーロー鍋ふるさと納税寄附金額と還元率

 

ユニロイホーロー鍋のふるさと納税寄附金額は、サイズに関わらず80,000円です。

 

ユニロイホーロー鍋を普通に買うと23,000円~27,000円するので、ふるさと納税還元率は28%~33%ということになります。

 

 

 

 

ユニロイ(UNILLOY)ホーロー鍋プチ情報

  • 鍋の形をデザインしたのは、山田耕民氏。オシャレなデザインと機能性に定評があり、山田氏が約30年前にデザインしたグローバル包丁は今でも愛されています。
  •  

  • UNILLOY(ユニロイ)ホーロー鍋が完成するまでに費やした年月は2年。通常のホーロー鍋は切削加工して薄くするところ、約200回もの試作を繰り返して切削加工することなく約2mmの薄さを実現。
  •  

  • 高度な技術で他できない鍋のフチにまでホーローが施してあるので、サビが出ずお手入れが簡単です。
TOPへ